スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【全曲解説】

こんちゃーっす


うさみです


最近毎週金曜日に動画を配信しています、ぼくの好きなバンドマンを毎回ゲストに招いてゆるゆるトークを繰り広げていますのでご覧下さいましー
http://mob.ne.jp/

↑飛べなかったら「mob」で検索してみて下されー




さて




我々初のフルアルバム『透明な傘の内側より』発売まで残すところ4日となりました


もうここまで来ればあっという間ですね


ぼけーーーっとしてたら4日ぐらい経ちますもんね


というわけで毎回恒例【全曲解説】のお時間です


今回は10曲ということで…とりあえず多い!←


実は何度かトライしたんです


書いては消して書いては消して…毎回ふざけてるけど簡単じゃねーんだぞ


でも書かねばならなくなってしまったので書いてみますー


では、はじまりはじまりー





_M1.「アイスランド」

ほい、1曲目はこちらー!『透明な傘の内側より』はこいつで幕を開けます

しかしタイトル、なぜにアイスランド、行ったことあるのか…

もしくはアイスランドという国自体は関係ないのか…

んー実はそこらへんの理由は全く知りません

とりあえずネタもないのでアイスランドという国について調べてみました

まず、アイスランドは北ヨーロッパの島国らしい(面積は北海道と四国を足したぐらい)

名前だけ聞くと涼しげでオシャレなニオイがしますが

深刻な経済危機に陥っていて、火山が多く噴火による災害も多いらしい…つまり!

「見た目やイメージで判断するのは良くないぜ」

って曲!…ではないような気もするけどどうなんだろうねえうふふー←

うん、たぶん違うけど次行くぞー




_M2.「第三質問期」

過去作で言えば…夕映、2月のゼプテンバー、コワシテ、的な

リード曲ってやつです、今回の

こうやって漢字がズラーッと並んでいると、それだけで中国語っぽいなって思うのはぼくだけじゃないはず

中国語全然知らねーけど←

そういえば高校2年の時、担任の先生が中国語ペラペラな人で

「中国語喋って下さい」ってお願いすると喋ってくれたんだけど

それがめちゃめちゃおもしろくてぼくらのクラスでは鉄板ネタでした

お願いしておいて喋りだした途端みんな顔伏せて笑い堪えるっていう

すげーおもしろいから仕方ないんだけど…先生ごめんねっ




_M3.「迷走」

字面的に「迷子ごっこ」と若干かぶっているのでたまにどっちがどっちか分からなくなります←

この曲はもうちょっと後半にしたかったなあ

「迷う」と言えば…デパートとかで流れる「迷子のアナウンス」ってあるじゃない

「○○からお越しの○○くん、○階○○でお母さんがお待ちです」みたいな

小さい時、あれで自分の名前を呼んでもらうのが夢でした

でも意図的に迷子になるのって案外難しいもので、結局その夢は叶わず気付けばこんなに大きくなってしまいましたとさっ




_M4.「青い瓶」

"瓶"という漢字が書けるようになったのはこの曲のおかげです←

ちなみに絵描き唄みたいな、書き方を教えてくれる曲ではないです

日本語っておもしろい

漢字はもちろん、四字熟語、方言、などなど

国語の授業だけは好きだったなあ

高校時代、古文の授業でやった小テストで見事全問正解した時は

嬉しさのあまり立ち上がって「先生おれできたぜー」って猛アピールしたもんでした

ちなみにその時の先生はさっき話した中国語ペラペラの先生です

シェイシェイ




_M5.「向日葵とヒロインと僕」

"向日葵"は"ひまわり"と読みます、一応ね

そしてぼくんちの愛犬はヨークシャーテリアの"ひまわり"ちゃんっていいます

かわいいですちょーかわいいです

もうぼくの曲ですねコレ

ヒロインはもちろん夏帆ちゃんで

映画化しようかな

監督、脚本、主演、ぼくです

近日公開予定ですのでよろしく←




_M6.「うまくは言えないけれど」

んーこの曲はラストに入れたかったけどなあ

"うまくは言えない"ことってたくさんあるよな

ぼくはコンビニで「トイレ貸して下さい」って言うのがどうもうまく言えない

うまく言えないというか、混んでる時だったりするとどうもタイミングが難しいよね

というモヤモヤを解決してくれる

素晴らしいタイミングで「トイレ貸して下さーーい」って言ってくれる

そんな曲!だった気が

するようなしないような…




_M7.「NO FUTURE」

しかしなげー

いつもならここで終わってたんだけどなあ

書き始めてかれこれ5時間ぐらい経ちました

もうつーかーれーたー

はやく終わりたーいー

まじNO FUTUREだわー

あ、そう!そんな曲です!キラッ




_M8.「ホワイトライン」

コチラはこのアルバムの中で1番古い曲、かな

ライブで頻繁にやっていたのも「世界分の一節」発売よりも前じゃないかしら

ぼくらを昔から観てくれている方々は知っているかも

そう、"知っている人は知っている"

そんな曲

そして12月に大阪と東京で開催されるぼくらのワンマンライブ

大阪の会場は「福島2nd LINE(セカンドライン)」です

ホワイトラインは曲名、セカンドラインはライブハウス

似ているけど間違えないように




_M9.「透明な傘の内側から」

昔からアコースティックのライブの時は必ずやっているんじゃないかしら、たぶんね

なのでこれも"知っている人は知っている"曲でしょう

ちなみにぼくは

透明な傘を持つと素振りを始めちゃうタイプです

そして最終的に出先に置いてきちゃうタイプです

気を付けよっと




_M10.「ハッピーエンド」

我々初のフルアルバム、ラストを飾るのはこの曲

ということはこの全曲解説からもようやく解放されるー!ハッピーだなー!←

みんなもあと4日で聴けるぞー!ハッピーだなー!

早く聴いて欲しいなー!ハッピーだなー!

ハッピーだなー!って書きまくってたらちょっとテンション上がってきたなー!笑

いやあハッピーだなー!ハッピーだからそろそろ終わりにするなー!

おつかれハッピー!







はい、以上で今回の全曲解説は終了です


1st full album『透明な傘の内側より』11月21日(水)発売ですお間違いなくー




ほなまたー
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。