スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【全曲解説】



どうもベースうさみです。



ぼくのTwitterをご覧になった方は「お、キタか!」って感じかもしれませんが。



2nd mini album『シュレーディンガーの二人』の発売を記念して、勝手に全曲解説してみようと思います。






題して、、!






【うさみの"はいぱーざっくり"全曲解説】





その名の通り"はいぱーざっくり"な解説になると思われますのでご注意下さい。









おし、始めますかー。






_M1. 「2月のセプテンバー」


1曲目はライブでもお馴染みのこの曲。

切な気ですがサビがキラキラしています。

ぼく個人的には、非常に"GOOD ON THE REELっぽい曲"という印象です。

この曲がもしカラオケで配信されたとしてもキーが高すぎてぼくにはとても唄えません。

イイ曲です。





_M2. 「いらない」(新)


2曲目は新曲「いらない」。

ごめんなさい名曲かも。

グッとくる歌詞とメロ。

サビはもちろんですが、個人的聴きドコロは実はAメロです。

楽器陣のフレーズの重なり具合がキレイで気に入ってます。

早く聴いて欲しい曲No.1かなー。

この曲はたぶんAメロのみ唄えます。あとは高すぎて無理でしょう。

イイ曲です。





_M3. 「四つの手のひら」


幸せな曲です。

この曲は今回のアルバムの中では1番古い曲。

ニコニコしながら聴いてもらえると思います。

たくさん聴いて覚えて下さい。

そしてライブでニコニコしながらみんなで大合唱しましょう。

イントロやAメロで弾いているメインのフレーズが実はちょっと気に入っています。

この曲はー、もしかしたら唄えるかもしれません。

いややっぱ無理かも。

イイ曲です。





_M4. 「写窓」(新)


こちらも新曲です。

ライブでもわちゃわちゃできるであろうアッパーな曲。

今回のアルバムの中ではトップスピード(テンポが)です。

とにかく鋭くてカッコいいです。

サビはもちろんですが、Bメロが結構好きです。

あとラスサビ(最後のサビ)前の盛り上がりも。

うさみの一押し。お気に入りの1曲。

この曲は間違いなく唄えません。もはやお手上げです。ばかやろー

でもイイ曲です。





_M5. 「ゴースト」


1曲目「2月のセプテンバー」同様、こちらもライブではお馴染みですね。

軽快で楽しげな曲。

ドラマチックなサビがとても好きです。グッと来ます。

間奏開け、亮太くんの"ジャジャッジャッジャジャジャ”ってギターがカッコいいです。

まーぼくが「やって!」って言ったんですけど。

この曲は演奏していてもすごく楽しくて。

これからもライブで活躍することでしょう。

しかし残念ながらこの曲も絶対唄えません。

唄えてもAメロぐらいかしら、Bメロもキツそう。

とは言えイイ曲です。





_M6. 「コトノトコ」(新)


『シュレーディンガーの二人』ラストを飾るのはこの曲。

ライブでも一度も披露していない新曲です。

是非CDを聴いて「初めまして」して下さい。

それにしても不思議なタイトルです。

何でしょうね、今度千野くんに聞いてみます。どーーん

この曲は今回のレコーディングにおいて一番のクセ者でした。

レッドブルぱわーでなんとか乗り越えましたが。

このアルバムのラストに相応しい1曲です。

たぶん唄えません。

いや頑張れば、、。












どっちでもいいですね。

もちろんイイ曲です。







さて、以上で



【うさみの"はいぱーざっくり"全曲解説】




おしまいです。






最後に"はいぱーざっくり"まとめると。



全曲イイ曲です。



そして全曲キー高すぎて唄えません。たぶん。




2nd mini album『シュレーディンガーの二人』


8/17(土)発売です。よろしくどうぞー。





ばいばい。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。